閉経後の体調不良の治療法

サプリメント

閉経後の体調不良の治療法

更年期障害の治療法について。更年期障害の治療には、いくつかの方法があります。その中でも効果的なのは、生活習慣・生活環境を整理・改善することです。そうすることで、精神の安定に効果のある神経伝達物質セロトニンの生成・分泌を促します。セロトニンの生成には必須アミノ酸が必要ですが、必須アミノ酸は体内で合成することができないため、食品やサプリから摂取する必要があります。サプリの場合は、セロトニン生成に効果があるタイプを選びましょう。良い環境で、規則正しい生活を送ることで、セロトニンが大量に分泌されます。そうすることで自律神経のバランスが整います。それに伴いホルモンバランスの乱れも抑えられるため、更年期障害の症状が改善されるのです。

日頃から自律神経を整える

更年期障害とその症状について。更年期障害は主に閉経後の女性に見られる不定愁訴のことを言います。平均年齢51歳で発症すると言われており、主に自律神経失調症状や、鬱などの精神症状が見らます。特にポピュラーな症状としては、ホットフラッシュ(発汗・火照り)があります。ホットフラッシュの対処法は、自律神経を整えることです。そのためには、深呼吸や自律訓練法を用いてリラックスする必要があります。また日ごろから自律神経を整える努力をすることで、ストレス耐性を上げることが出来ます。ストレス耐性を上げることで、簡単に自律神経が乱れないようになります。またサプリメントを利用して自律神経を整える方法もあります。上述したように、セロトニンの生成・分泌を促す栄養素を、サプリなどを利用して積極的に摂取することで、普段から自律神経を整えることが出来るのです。